風水と家相の入門リンク集|風水・家相なび > 風水・家相 基礎知識 > 風水と家相の違いって?

  風水と家相の違いって?

「風水」と「家相」・・どちらも同じようなものだと思っていませんか?
実はかなり違いがあるようです。


「風水」は、簡単に言うと自然と人間の調和を図り、風土と水や方位との関係から安住の地を選定したり、お墓に適する場所を判断するものであり、地理学的な捉え方ができます。


また、「風水」では家族全員の生年月日に応じての吉凶判断と天井の高さなどの3次元(立体的)で診断します。

したがって、風水に「鬼門」はありません。


「家相」は、「風水」をもとに日本で生まれた家づくりの診断方式です。

「家相」では、方位の吉凶が固定的に定められており、住んでいる人と家との相性に関係なく家の方角だけの平面的な鑑定によって決ってしまうところが最大の欠点と言われています。


いずれにしましても、風水も家相も人々が安心して快適に暮らしていける願いから生まれたものですね。
その願いを基本に、風水と家相をバランスよく取り入れることが大切だと思います。





<風水豆知識>

風水と家相の関係については、昔と今では住宅事情が違うので、この考え方を100%取り入れることはできません。
玄関・水回り・寝室など間取りの方位によって吉凶が固定的に定められている家相では、住んでいる人と家との相性に関係なく、方角だけの平面的な鑑定によって決まってしまいます。

そこで、自分で簡単に取り入れられる開運術の一つとして、色風水を取り入れてみてはいかがでしょうか?
恋愛運、金銭運、仕事運などの運気を上げるために、お部屋のインテリアなどの方角と色を自分の運気の上げたい色に変える方法です。
用いる色やその方角によって効果も違ってきます。

方位では、一般的に、北にピンク・オレンジ・青、東に赤・ピンク・白、南に緑・ゴールド・白・青、西に黄・白・ピンクのインテリアや飾り物を置くと良いとされていています。

開運術としては、元気になりたい時や気持ちを高ぶらせたい時には「赤色」、新しいことを始めたい時や金運をアップさせたい時は「黄色」、冷静になりたい・決断力が欲しいなど気持ちを落ち着かせたい時には「青色」、健康運アップ・穏やかな気持ちになりたい・気分をリフレッシュしたい時は「緑色」といわれています。

ただし、風水では、玄関、身の回りや部屋、トイレやキッチン・お風呂など水回りの掃除をしっかりしないと運が逃げてしまうといわれていますので、お掃除もマメにして運気をアップさせましょう。









▼楽天市場の占い・鑑定▼


3DマイホームデザイナーPR7 PREMIUM
オフィシャルガイドブック付

3DマイホームデザイナーPRO7 PREMIUM オフィシャルガイドブック付き(送料別)


 建築の儀式と地相・家相
建築の儀式と地相・家相


 家相・部屋相の風水開運術
家相・部屋相の風水開運術